文字入力中のBackSpaceの動作を変更する方法【Windows10】

パソコン関連
この記事は約4分で読めます。

Windows10で日本語を入力する際に標準で使われる「Microsoft IME」。

変換を取り消そうと思ってBackSpaceキーを押したときの動作にどうも慣れることが出来ないため、今日はそれを変更する方法について書いておきます。

因みに最近のWindowsアップデートの影響で、以前のやり方とは変わっているので注意が必要です。今回ご紹介するのはWindows10 2004以降に対応した最新の方法です。

スポンサーリンク

Microsoft IMEの挙動

人によって、文字入力中のBackSpaceキーの挙動の設定はたぶん3タイプに分かれると思います。

Windows10の挙動「前字削除」

例えば「瑛人の香水を聴く」って打ちたい場合を例にご紹介します。

「えいとのこうすいをきく」と打ってスペースキーで変換しようとすると、「エイトの香水を聞く」が第一候補として出てきます。

これは変換が違うので、ここでバックスペースを押すとWindows10の場合、

「く」のみが削除されます。

これは「前字削除」と呼ばれる方式です。

Windows7~最近「文節戻し」タイプ

続いてWindows7以降標準となっているため、一番使っている人が多いと思うのが「文節戻し」タイプです。

「文節戻し」の場合、「エイトの香水を聞く」の状態からバックスペースを押すと、

「えいとの」「香水を」「聞く」という具合に文節ごとに再変換されます

キーボードの←や→で文節を選んで再変換すれば良いので、思い通りの変換にしやすいタイプです。

Windows XPやGoogle 日本語入力「全戻し」タイプ

一方、XPやGoogle 日本語入力を使っている方に多いのが「全戻し」タイプです。

「エイトの香水を聞く」が候補として出てきた状態でバックスペースを押すと、打った文章がすべて平仮名に戻ります

このように予測候補も出てくるように、完全にスペースキーを押す前の状態に戻ります。

因みに僕自身はXPでの変換に慣れているため、これを使っています。作業効率は悪いかもしれませんw

バックスペースの挙動を変える方法

それでは実際にこれらを変える方法について書いておきます。

まず、メモ帳やワード、ブラウザなどを開き、実際に文字入力できる状態で日本語入力にします。

するとタスクバーに「あ」がでてくるので、これを右クリックします。

その中から「設定」をクリック。

すると設定画面が開くと思います。

その中の「全般」。

全般を押すと表示される画面で、一番下までスクロールします。すると「互換性」というところがあるので、これを「オン」に。

戻すか?と聞かれるので、「OK」。

互換性をONにすると、その下にさっきまで表示されなかった「詳細設定」が出てくるので、「詳細設定を開く」をクリック。ちょっと見えにくいですけど一番下にあります。

するとようやく見慣れた「Microsoft IMEの詳細設定」が表示されるので、「全般」タブの中程にある「変更」を押します。

すると「設定」が出るので、「BackSpace」行・「変換済み」列の「前字削除」を選択して「変更」をクリックします。

これでBackSpaceの挙動を変更できます!

Windows7と同じ挙動にしたい場合は「文節戻し」。

Windows XPやGoogle 日本語入力と同じにしたい場合は「全戻し」。

選択したら「OK」。その後「適用」をクリックすれば完了です!

まとめ

ということで、変換候補を取り消す場合のBackSpaceキーの動作について、その違いと設定変更方法をまとめてみました。

実はちょっと前のWindows10まではタスクトレイの「あ」を右クリックすればすぐに変更できたんですが、今は一度「互換性」を「ON」にしないと変更できないようになっています。ここが最大の注意点でしょう。

Microsoftが推しているくらいなので、もしかしたら「前字削除」が一番効率が良いのかもしれませんが、結局慣れている操作が一番早いので、僕は自分好みに変更して使っています。

以上、この記事がどなたかの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました