デスクトップPCのフロントにUSB3.0ポートを増設する!(最後追記あり)

パソコン関連
この記事は約4分で読めます。

以前購入したデスクトップPCのフロント側のUSBポートが不足しているので、今回3.0×3ポート、3.1Type-C×2ポートを増設しました!

初めてやる作業でしたが案外簡単に出来たので記しておきます。

USBを装着する場所

ここが空いているのでここに入れます!

(最後に高機能版パーツについての追記があります。)

スポンサーリンク

用意したもの

今回用意したのはこちら。

USB3.0のタイプA×4ポートもあって悩んだんですが、今後のことを考えてタイプAとタイプCが2ポートずつのものにしました。

それから3.5インチとPCの5.25インチベイに入れるためのアダプター。

これはPCケースの色と合わせたものを選びました。

実際に取り付ける

今回使う3.5インチのUSBパネルがこちら。

3.5インチUSBの内容物
電源ケーブルと、マザボにつなぐケーブルも付属しています。電源ケーブルはHDDとかSSDの電源と同じ形のものですね。
データ通信の方は、マザーボードに直接挿す20ピンタイプです。

ケーブルは簡単に繋がります。
電源を接続

5.25インチベイに拡張するとこうなります。(付属のネジで留めています)
5.25インチに拡張
素材はどちらも同じ樹脂なので違和感はありません。

あとは、PCケースを開け、フロントのパネルを外し、ポートを取り付け、電源ケーブルとUSBケーブルを繋げば完成!(写真を撮り忘れてしまったので割愛…!)

完成図

変換も、USBパネルもボディの質感に非常に似ていたので、違和感なくできました。満足!

補足

すみません、作業中の写真を撮り忘れてしまったので、色々補足します。

まずフロントの飾りパネルを外す際は、内部が狭くて手が入らなかったので、一旦光学ドライブを外してからパネルを外しました。
僕のPCのパネルはなかなかに硬かったので参りました。

それとケーブルの接続ですが、まず電源ケーブルはHDDなどに繋ぐ電源ケーブルに繋ぐだけでOK。もし電源ケーブルが来ていない場合は、HDD用の電源を一旦外し、分岐させる必要があります。こういうやつ。

それともう一つのデータ通信用のケーブルは、マザーボードの20ピンの端子に繋ぎました。ただ挿すだけ。コネクタには向きがあるので間違えると入りません。

まとめ

というわけで、USB3.0のパネルを追加したよ、というブログでした。

USBのポートが足りなくなった場合、ハブで分岐して机などに置くのも良いですが、今回は綺麗に収めたかったので空きベイに増設してみました。

他にも、PCに空きベイがある場合、USBポートや高額ドライブやカードリーダーなど追加できるので、ご自分に合ったパーツを組み合われば凄く利便性が上がると思います。

以上、このブログが誰かの参考になれば幸いです!

追記

今回5.25インチベイが空いているのでそこに3.5インチの変換パーツを使ってUSBを増設したんですが、先日アマゾっていたら、元から5.25インチベイサイズのUSB増設パーツを見つけました。

色々種類があって、例えば

クイックチャージ3での高速充電+USB3.1 Gen2タイプ+Type-Cという充電にも強いもの

USB3.0で少しやすいもの

など全部で5種類あります。

手間も機能性もこちらの方が良いので、もしこれから作業される方はこちらの商品も参考にすると良いかと思います。

また、裏面にUSBを増設したい場合はPCI-eが良いです。これなら5インチベイの空きがなくても簡単に増設出来ます。
前面に比べてアクセスは悪いですが、普段あまり抜き差ししないものを裏面に回し、前面ポートに空きを作ると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました