4KモニターをフルHDとデュアル環境で使う場合のメリット・デメリット

パソコン関連
この記事は約5分で読めます。

先日、といってもこの騒動より前のことですが、27インチの4Kモニターを購入しました。

ただし2枚買う余裕はなかったため、4K+フルHDのデュアルモニター環境になりました。

一般的に、解像度の違うマルチモニタ環境は使いづらいと言われているので、そのあたりも含め、気になったことならなかったことや、使い勝手をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

EIZO ColorEdge CS2740

今回購入したのはEIZOの「ColorEdge CS2740」です。

ドット数はフルHDが1920×1080なのに対し、4Kは3840×2160で情報量は4倍になります。

単純に4Kにするだけであればもっと安いやつもいくらでもあるんですが、僕は趣味で写真をやるので「カラーキャリブレーションが出来るモデル」を選びました。数年貯め込んだ楽天ポイント十数万円分を全部使ってしまった…。

4KとフルHDの実際の違い

4Kはやっぱり綺麗!写真で比較

このモデル、27インチで4Kなのでかなり高精細です。

その高精細さは実際に見てもらうしかないんですけど、ちょっとでも分かりやすいように、以下の写真を実際に表示し、それを撮り比べてみました。

ONKYO H500MのRedBullのロゴ

この元画像を全画面表示し、それをカメラで撮り比べたものがこちら。

まずフルHD。普通にディスプレイを拡大したんだなぁという感じ。

続いて4K。

その差は一目瞭然!

やはり4Kであれば細かい文字も綺麗に見えます。実際に使っていても如実に体感できます。

4Kはやっぱり綺麗!文字で比較

続いて4Kの魅力である文字で比較しています。今回はこのブログの文字を撮り比べてみました。

まずフルHD。これもこっちだけ見ると別になんとも思わないです。

4K。

しかしこうやって4Kを見てしまうと、全く違うのがお分かりいただけると思います…!

4Kはやっぱり綺麗!特殊なパターン

更に、こちらの画像のメッシュ部分なども面白い結果になったので掲載してみます。
ONKYO H500Mのイヤーパッドの内側

まず4K。こちらは普通ですが、

FHDの方はモアレが非常に強く出ています。

このように、4Kディスプレイは

  • 細かい部分までクリアに見える
  • 文字も滲みが少なくて読みやすい
  • 擬色が出にくい

というように、表示に関しては良いことだらけです。

ただし文字は小さくなる

ただし、文字のサイズが小さくなります。ほぼ1/4のサイズになるので、表示は100%表示では厳しいのでWindows側の設定で150%表示にして使っています。

ちなみにWindows10の場合、ディスプレイごとに表示倍率を変更することが可能なので、「4Kは150%、フルHDは100%」という使い方に落ち着きました。

4KとFHDのデュアル環境について

4Kモニターを2枚買う財力はなかったため、今回はタイトルの通り4K+フルHDのデュアル環境になっています。

上記の通り150%と100%という表示で使っていますが、その他いくつか気になる部分も出ているので、それについても書いておきます。

マウスの位置が合わない

まず一番最初に違和感を覚えたのが、4KとフルHDの位置のズレです。

マウスやファイルをドラッグしたときに顕著に表れます。イメージとしてはこんな感じ。↓
4KとFHDで位置がズレる

これは、表示上のディスプレイサイズが同じくらいでも、実際に内部的には半分になっているためです。↓

そのためファイルやマウスを移動させる場合でも、4Kディスプレイの半分より下から移動させないと、つっかえてしまいます。

これが結構億劫なんで、Windows10の設定で、実際のディスプレイサイズに合わせてうまいことやってくれたら良いのになぁと思います。

ディスプレイでウィンドウのサイズが違う

そして、同じ原因で、4Kでは通常サイズで表示されたウィンドウが、フルHDではめちゃくちゃデカく表示されてしまいます。

こんな感じ。

フォルダに表示されたファイルなんかも、4KでちょうどよいのにフルHDに表示するとやたらデカくなったりします。

あとディスプレイ間を移動するとソフトによっては再描写が入るものもあって、モタつく場合があるので、これも億劫です。

Windows側で対応してもらうか、4K×2枚にするか。

これらの問題の対応策は、Windowsのアップデートで対応されるか、自分で4Kを2枚揃えるかのどちらかしかありません。

ただ、Windows10が対応される可能性はまったく未定なので、個人的にはやっぱり4K2枚をついつい検討してしまいますね。

特に2枚目にカラーキャリブレーションは必要ないので、4KのFlexScanか、安いゲーミングモニターでも購入しようかな~と検討しています。

まとめ

ということで、以上4KとフルHDのデュアルディスプレイ環境をしばらく続けてみての感想でした。

色々問題点を挙げましたが、耐えようと思えば耐えられるし、慣れればだいぶ楽になります。

何よりそういうデメリットがあっても4Kモニターの綺麗さはそれ以上に素晴らしいので、少々のことは我慢できるかな!という感じです。

それでも、正直に言えば「資金的に余裕があるなら即4Kを2枚にするだろうな」というところなので、もし今後4KとフルHDの導入をお考えの方がおられたら、「大丈夫だけど、いずれもう一枚4Kが欲しくなっちゃいますよ(^q^)」とお伝えして、今回のまとめとしておこうと思います!

追記:結局もう1枚4Kモニター買った

結局FlexScanの4K買いました(^q^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました