Z12キューブのワイパーを自分で交換する方法!

カーライフ

梅雨です!

ワイパーゴムの交換が面倒なZ12(現行)キューブのワイパーの交換方法について書いておきます!

スポンサーリンク

Z12キューブのワイパー

Z12型、つまり現行のキューブって、仏ルノーとの共通部品を使っている関係か、日本のカーショップなどで使っているゴムが使えません。

なので通常のゴム交換は不可で、僕も毎回ディーラーで交換してもらっていました。しかしそれも面倒だし高く付きます。

そこで、今回は1度ブレードを交換し、以降汎用品のゴムを使用できるようにします!

Z12用のワイパーブレード

まず最初にワイパーブレードごと交換しましょう。

Amazonの方が少し高いですが、楽天だと送料がかかるのであまり変わりありません。

こちらは左右2本セット。ブレードとゴムのセットなので、一度これを買えば、一旦ゴムも新品になります。

Z12の交換用ワイパーブレード

ワイパーブレードの交換方法

それでは実際の交換方法を見ていきます!と言っても簡単ですけどね。

古いワイパーを外す

まず古いワイパーを立てて、T字型にします。
Z12のワイパー交換方法(ワイパーブレードを立てる)

すると触覚のような2つの突起があるので、それを矢印の方向に押します。
Z12のワイパー交換方法(ツメを起こす)

その押した状態で、ワイパーブレードをグッと車体側(矢印の方向)に動かすと、ブレード自体が動きます。
Z12のワイパー交換方法(ワイパーブレードを外す)
このときワイパーゴムがグニーっと伸びたりするかもしれませんが、このゴムとブレードは破棄するものなので、壊れても大丈夫です。

新しいワイパーを取り付ける

外れたら、今度は新しいワイパーブレードの準備です。なお、左右同じ形です。

まず新しいワイパーブレードの接続部分を、下写真のように起こします。
Z12のワイパー交換方法(新しいワイパーブレードの準備)

そして取り外しのときとは逆の手順ではめ込みます。
Z12のワイパー交換方法(新しいワイパーブレードを取り付ける)
グッと置くまで差し込むと、カチッという感触があります。もし無い場合は、ちょっと動かしてみるなどしてみてください。

固定されればこれだけで完成です!反対側のワイパーも同様に作業して完了!簡単ですね。

拭き取りをしっかり確認

この作業でワイパーブレードとゴムが新品になったので、拭き取りが綺麗になっているはずです。

ウォッシャーを使うなどして、正しく拭き取れているか確認しておきましょう!

ワイパーゴム交換方法

今回はついでにワイパーゴムの交換方法も記載しておきます。

これは、今回上の方法で交換したブレードに付属しているゴムが古くなったときの方法です。

このブレードに適合するゴムは、「長さ500mm、幅6mm角型」。オーソドックスな形のものです。

僕はこれを使いました。

こちらは1本入なので、左右2つ必要です。

まず、古いワイパーゴムを外します。これはスライドして外せばOK。もしかしたら先端側か車体側どちらかにロック機構みたいなのが付いているので、最初はちょっと強めに動かす必要があります。

外れたら、新しいゴムのプラスチックのツメを外します。こんなやつ。
Z12のワイパー交換方法(ツメを外す)

ツメを外したら外したときと逆の手順でスライドして取り付けます。
Z12のワイパー交換方法(ゴムをスライドする)

先端がロック機構になっているので、グッとハメ込んで下さい。
Z12のワイパー交換方法(先端のロック部分に差し込んだとろこ)
こんな感じでしっかりハマればOKです。

ゴム交換も同様に拭き取りのチェックをして、しっかり拭き取れれば完成です!

まとめ

というわけで、Z12型キューブのワイパー交換方法でした!

Z12は最初のひと手間が面倒ですが、このブレード交換さえやってしまえば以降ホームセンター等で売っているゴムに簡単に交換できるようになりますから、困っている方にはオススメです!

この記事がどなたかの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました