1万円台で買える!ONKYOのスピーカー「GX-D90」がサイコー!!

音響・楽器
この記事は約6分で読めます。

決してコンパクトではありません。

しかしこの価格、音質は過去最高の買い物だったと自負できる!

ONKYOのコスパ最強スピーカー「GX-D90」がサイコーです!

ONKYO GX-D90の写真

スポンサーリンク

GX-D90

まずこのスピーカーは古いです。2002年7月15日発売なので、実に18年経った製品なのです。

しかしまだまだ現役で、しかも結構売れているようです。

理由は簡単、音質とコスパの良さ、そしてONKYOというブランドの安心感ですよね。(ONKYOブランドについては現在色々ありますが、2002年といえばまだONKYOが高級音響ブランドの地位を保っていた頃の製品です。)

仕様

それでは仕様を見てみます。

型式アンプ内蔵2ウェイ・バスレフ型
入力インピーダンス47kΩ以上
最大出力15W+15W(4Ω)
再生周波数範囲48Hz~90kHz
クロスオーバー周波数10kHz
ウーファー9cm OMF コーン型
ツィーター2cm バランスドーム型
入出力端子デジタル入力×2(光/同軸 切換)
アナログ入力×1(ステレオRCA)
サブウーファー出力×1(モノラルRCA)
ヘッドフォン出力端子×1(φ3.5mm/ステレオ)
デジタルINサンプリング周波数32、44.1、48、96kHz/24bit
電源100V(50/60Hz)
消費電力34W(電気用品安全法技術基準)
最大外形寸法Rch:W123×H229×D195mm
Lch:W123×H229×D178mm

サランネット、ターミナル突起部含む
質量Rch:3.2kg   Lch:1.7kg
防磁設計(JEITA)

96kHz/24bitまで再生可能なので、いわゆるハイレゾ(定義としては96kHz/24bitと192kHz/24bitの2つがある)音源も再生できるスペックです。2002年製としてはすごいですね。もちろん今聴いても物凄く良い音です。

音声の入力端子としては、アナログはもちろん、光デジタルや同軸も可能なので、PCやTVの出力が対応していれば、ノイズレスに楽しむことが出来ます。

外観

それではONKYO GX-D90の外観を見ていきます!

ONKYO GX-D90の写真

ONKYO GX-D90の正面写真

本来サランネットがあるんですが、無い方がカッコイイので外して使っています。(ネットは紛失しました!)

右のスピーカーのみアンプが入っていてる関係で、コントロール部があります。

ONKYO GX-D90のコントロール部

左から、イヤホンジャック、デジタル/アナログ入力の切り替え、BASS、TREBLE、BOLUME。

ボリュームをゼロにするとカチッとスイッチOFF出来ますが、残念ながら完全に電源は切れません。裏面のON/OFFスイッチで切る必要があります。

裏面。
ONKYO GX-D90の裏面

下部がインプット系、その上のSPEAKER OUTPUTから反対側のスピーカーに音を出します。上部はON/OFFスイッチですね。すごく単純明快なので悩むことはないかと思います。

ONKYO GX-D90の裏面

L側のスピーカーはアンプが内蔵されていないので単純な仕組みになっています。

スピーカースタンド

せっかく良いスピーカーを使うなら良い音で聴いてほしいので、スピーカースタンドについても少し書いておきます。

まず基本として、スピーカーは耳の高さまで持ち上げるのが理想です。これはスピーカーの高音域は指向性が強い=音が真っ直ぐ進むから。

スピーカーの高音は指向性が強いことの説明図

図は極端にスピーカーと耳の高さを揃えていますが、それでもこの直線上から少しズレるだけで結構音質が変わってしまいます。(具体的にはくぐもったような音になります)

なので僕はスピーカーを持ち上げて耳と同じ高さにすることを目的として、スピーカースタンドを自作しました。といっても、木をホームセンターで切ってもらって色塗って木ねじで固定しただけです。ボンドで固定でも良いですね。

ONKYO GX-D90用のスタンド

スペースなどの問題でここまで出来ない場合は、せめて角度を付けて耳に真っ直ぐ届くようにすると違います。

僕は一緒にAudio-technicaのインシュレーターも使っています。

Audio-technicaのインシュレーター

これがあると無いじゃ音が全然違いますからね。どんなスピーカーを買うにしても絶対にあった方が良いです。

スピーカーを机に直接置くと、スピーカーの振動が机の板に直接伝わってボンボンと響鳴し、音の輪郭がボヤけてしまいます。それを防ぐのがインシュレーターです。

設定

PC側に光デジタルでの音声出力がある場合は光ケーブルで音楽を聴くことができます。

無い場合はアナログで繋ぐか、デスクトップの場合はサウンドカードを付けることで可能になります。

因みに僕はサウンドカード「Sound Blaster Z」を取り付けました。

このサウンドカードの場合、ドライバから「デジタル出力を使ったステレオミックスの再生」に☑を入れることで、光ケーブルを使って音を鳴らすことができます。

GX-D90設定

一応、PC側の音量を80%、スピーカーの音量を9~10時くらいで調整して使っています。

ケーブルはAmazonブランドの安いやつを使っていますが、十分高性能!

感想

ONKYO GX-D90の設置写真

それでは最後に感想です!

音質

とにもかくにも音質が大事だと思うんですが、僕は大満足です!低音から高温まで凄くバランスよく出ています。

使い始めはデスクに直置きだったんですが、スタンドとインシュレーターを使うようになってからは特に良くなりました。

僕はこのスピーカーを使う前はDELLのUSB電源のスピーカーを使っていたんですが、もう全然違いますね。
おもちゃのスピーカーからちゃんとした音が出るようになった!というイメージです。さすがONKYOという感じですね。

音量もかなりしっかり出ます!!
一般家庭では半分の音量くらいでだいたいOKでしょう。まず性能不足ということは無いと思います。

追記:Bluetoothのレシーバーと使うともっと便利になりました!

最近になって、Bluetoothのレシーバーを購入しました!

GX-D90は2002年の製品ですが、こういう受信機を使えば、スマホの音楽やBluetooth対応のPCと無線で使うことが出来ます。すごく便利!

(追記ここまで)

過去に買ったものの中でもトップクラスの満足度

正直に言えば、今まで色んなものを買ってきましたが、トップクラスの満足度です!

コスパ、音質、ブランド、どれもが素晴らしいんですよね。

スピーカーの色

ブラックとナチュラルもありますので、もし今しっかりしたスピーカーを探していて、でもあまり高い金額を出したくないなぁという方にはオススメですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました