日産リモコンエンジンスターターの使い方

カーライフ

愛用している日産リモコンエンジンスターター。

こちらの使い方について、以前のブログにも書いていましたが、自分向けの備忘録的な意味合いもあるので、こちらのブログにも記しておきます!

なお、現行タイプのエンジンスターターはHPに使い方が書いてありますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

作動条件

まず作動条件。

  • キーは抜けている
  • イグニッションノブが押されていない
  • キースロットにインテリジェントキーが入っていない
  • セレクトレバーが「P」の位置になっている
  • フードは確実に閉まっている
  • 全てのドアは確実に閉まっている

使い方

それでは実際の使い方をまとめておきます。

エンジンスタート

  1. ファンクションスイッチ「F」を1回短く押す
  2. スタートマーク点滅中にスタートスイッチを音が鳴るまで押す

エンジン停止操作

エンジンスターターでスタートした場合は、エンジンを停止することもできます。

  1. ストップスイッチを音が鳴るまで押す

ただ、エンジンが止まる条件は他にもあります。

  • フードを開ける
  • セレクトレバーをPレンジ以外にする
  • ドアを開ける
  • キーを差し込む。またはイグニッションノブを押す
  • 設定した暖気時間が経過する

ドアを開けるとエンジンが一度止まるので、すぐに発進する場合でも車に乗り込んだらもう一度エンジンを始動させる必要があります。

ドアロック操作

  1. ロックスイッチを音が鳴るまで押す

ドアアンロック操作

  1. アンロックスイッチを音が鳴るまで押す

暖気時間の設定

  1. ファンクションスイッチとスタートスイッチを音が鳴るまで同時に押す
  2. スタートスイッチを短く押し、設定時間を決める
  3. ファンクションスイッチを音が鳴るまで押す

10分と20分で設定できます。

スイッチロックの設定

  1. ファンクションスイッチとロックスイッチを音が鳴るまで同時に押す

SW LOCK」と表示され、操作を受け付けなくなります。

スイッチロックの解除

SW LOCK」と表示された場合はこちらで解除して下さい。

  1. ファンクションスイッチとアンロックスイッチを音が鳴るまで押す

リアデフォッガを作動させる場合

エンジンの始動と一緒にリアデフォッガ(リアガラスに入った電熱線)を作動させたい場合はこちら。

  1. ファンクションスイッチを1回短く押す
  2. スタートマーク点滅中に再度ファンクションスイッチを1回短く押す
  3. スタートマーク及びリアデフォッガマーク点滅中にスタートスイッチを音が鳴るまで押す

※リアデフォッガ単独での作動は出来ない

初期設定

バッテリーや車両ヒューズ等の電源系部品を外したときは、初期設定が必要になる場合があります。

車検や修理などに出して返ってきた車が動作しなくなった場合はこちらを疑って下さい。

  1. フードを開ける
  2. フードを閉める
  3. セレクトレバーをPレンジの位置にする(※最初からPにしていてもOK)
  4. イグニッションをONにする(3秒以上)(※イグニッションONではセレクトレバーが動かない場合があるので、その場合は車のスタートボタンを2回押してACCをONにするか、エンジン自体を始動すれば良いです。但しエンジンを始動した場合はブレーキを踏んだまま以下の操作を行って下さい。)
  5. セレクトレバーを「P」から「R」に移動→(車体側の)コントローラーのブザーが1回鳴る
  6. セレクトレバーを「R」から「P」に移動→(車体側の)コントローラーのブザーが2回鳴る
  7. イグニッションをOFFにする

※これで直らない場合は、1回バッテリーのマイナス端子を外して10秒くらい放置し、その後この設定をやってみると良いかもしれません。(但し他の電装品の設定もリセットされるので注意。)

リセット

初期設定は必要ありませんが、フードを開けたときは一旦リセットが必要になります。多分セキュリティですね。

  1. フードを閉める
  2. イグニッションを「ON」にする(もしくはエンジンを始動する)
  3. イグニッションを「OFF」にする(もしくはエンジンを停止する)

フードを閉めて、一度エンジンスターターを使わずにエンジンをかけるってことです。

オートパワーオフ

15日以上、リモコンや車両キーでエンジンを始動しない場合、バッテリー保護のためリモコンからの信号を受け付けない

→解除するには車両キーのイグニッション「ON」を3秒以上継続する

こんなときは

困ったときに見るやつも書いておきます。うまく動作しないときはこちらを確認して下さい。

リモコン操作でエンジンがかからない場合

  • 操作が間違っていないか
  • 初期設定は行ったか
  • フードが開いていないか
  • シフトがPレンジに入っているか
  • ドアが開いていないか
  • キースイッチがONになっていないか
  • 電池は正しくセットされているか
  • 電池が消耗していないか
  • 距離が離れすぎていないか
  • ステアリングロックが解除されていないか
  • 他の操作で送信後すぐに再操作していないか
  • SW LOCKマークが点滅していないか

リモコン操作でエンジンが停止しない場合

  • 操作が間違っていないか
  • 電池は正しくセットされているか
  • 電池が消耗していないか
  • 距離が離れすぎていないか
  • ステアリングロックが解除されていないか
  • 他の操作で送信後すぐに再操作していないか
  • SW LOCKマークが点滅していないか

リモコンの作動距離が短い

  • 電池は消耗していないか
  • 車との距離が離れすぎていないか
  • リモコンと車両の間に建物等の障害物がないか

(電池の種類はCR2032×2個。因みにインテリジェンスキーはCR2025×1個ですが、インテリジェンスキーはCR2032でも動作します。暑さが0.7mm違うだけです。)

まとめ

ということで、リモコンエンジンスターターの操作方法を書き残しておきました。

スイッチの同時押しなど、覚えづらい操作がたくさんある割に、説明書がWebにないので非常に困ります。

ということで、自分用備忘録ですが、誰かの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました