TIMEMOREのコーヒー用スケール「BLACK MIRROR+」レビュー!

コーヒー関連
この記事は約5分で読めます。

タイマー付きのコーヒースケールとして、「TIMEMORE」の「BLACK MIRROR+」を使用しています。

今日はこれまで使ってきての使用感を書いてみようと思います!

スポンサーリンク

TIMEMOREブランド

まず、今回購入したブランドはTIMEMOREです。TIMEMOREはオリジナルのコーヒー関連商品を取り扱っている中国のブランドです。

TIMEMORE コーヒー器具 - 公式てんぽ
TIMEMORE コーヒー器具公式てんぽ。 このペースの速い世界で、コーヒー器具を通して人々にスローライフの儀式感を追求するのを助けています。

ミル、ポット、そしてドリッパーまで、コーヒーにまつわる器具をほぼ全て取り扱っているブランドです。

価格帯としては決して安くは無いのですが、デザイン性・機能性の高い製品を沢山販売していおり非常にコスパの良いブランドというイメージで、日本でも愛用している方も多いと思います。

BLACK MIRROR+

今回購入したのはそんなTIMEMOREの電子スケール「BLACK MIRROR+」です。

Attention Required! | Cloudflare

こちらは0.1gまで測れるスケールと、コーヒーを淹れている時間を計測できるタイマーがセットになった商品です。

外観を見てみる

それでは写真を交えてご紹介します。

まずこちらが外観。ブラックでシンプルな外観です。

TIMEMORE BLACK MIRROR+
サイズは152×130×26mm

上面にボタン類は一切なく、タップすることで操作します。例えば電源マークのところをタップするとリセットされ、0.0が表示されます。

スケールの表示
ディスプレイは無く、本体にデジタルの数字が浮かび上がります。

サイド部分にはUSB-C端子が。電池ではなく充電で使えるのです!これは凄く便利。

電源スイッチとUSB-Cの充電口
スイッチをスライドすることで主電源を入れる

滑り止めのためのシリコンシートも付属しますが、僕は使っていません。

滑り止めのシート
埃が付着しやすい素材。

凄くシンプルで主張も少なく、色んなシーンに溶け込みやすい良いデザインだと思います。

「BLACK MIRROR+」使い方は簡単

続いて使い方。こちらはいたって簡単です。

まずコーヒーの豆の計量方法ですが、これは一般的なスケールと全く同じです。

最初に空のコップを置き、右の電源マークをタップするとスケールがリセットされて0.0になるので、あとはお好みの量になるまで豆を入れるだけ。0.1g単位で測れるので豆1個レベルで調整可能です。

豆を計量する
コーヒー豆の重さを計測。0.1g単位で表示される。

続いて実際にドリップする方法。ドリップではスケールとタイマーの両方を使います。といってもタイマーはオート機能が使えるのでこちらも簡単です。

まず、サーバー、ドリッパー、ペーパー、そして豆をセットしたら、スケールをリセットして0.0表示にします。

器具を乗せてスケールをリセット
物を乗せた状態で右の電源マークをタップすると、スケールが0にリセットされる。

次に左の時計のマークをタップすると、3、2、1とカウントダウンが始まり、”–:–“というスタンバイ表示になります。

スタンバイ状態
スタンバイの状態

この状態になれば、お湯を注ぎ始めれば自動的にタイマーがスタートします!

お湯を注ぎ始めると時計がスタートする
注ぎ始めたお湯の重さに反応してタイマーがスタートする

30秒蒸らしたら、何度かに分けてお好みの量までお湯を注ぎます。

30秒間蒸らす

注ぎ終わってサーバーからドリッパーを外すと計測が止まります。

淹れ終わった時間と重さが分かる
お湯の注ぎ始めからドリッパーを動かすまでの時間と、注いだお湯の重さが表示される。

自分なりの目標値を決めておけば、「今日はちょっと早かったな」とかってことが分かるので、徐々に味が安定してくると思います。

因みに僕が1人分淹れる場合、約10~11gの中深煎り豆に対し、80℃のお湯を200gまで、約2分半で淹れることが多いですね。

このとき表示されるお湯の重さは、ドリッパーを動かす直前の値です。これにはドリッパー側に残った水分量も含まれるので、純粋にサーバーに落ちた量とは違います。紛らわしいので注意してください。

あとはお好みの器に注いで飲むだけ!

いただきます
以前別の商品撮影の為に買った小道具の湯呑…。

徐々に自分の好みの量や時間が分かってくるので、そうすると安定して美味しいコーヒーが飲めるようになります。ぜひ至福のひと時をお楽しみください。

実際に使ってみての感想

それでは最後に感想です。

使い方は至って簡単。

まずこのスケールの良いところは、誰でもそのまますぐ使えるくらい操作が簡単だということです。基本的には「2つのボタン」を「タップ」か「長押し」かだけです。

BLACK MIRROR+の操作方法
  • 電源をタップ…数値をリセット
  • 電源を長押し…電源を切る
  • 時計をタップ…オートカウントのスタンバイ(マニュアル時はスタート)
  • 時計を長押し…オートとマニュアルの切り替え

本当に簡単です。

ただ、「タイマー付きスケール」と呼んでいますが、いわゆるキッチンタイマーのように「時間をカウントダウンしてその時間になったらアラームを鳴らす」というような使い方は出来ないのでご注意ください。

充電式はやっぱり正義。

それから電池式ではなく、充電で使えるのも凄く良い点だと思います。しかもUSB-Cなのがまた良い!

一定時間使わなければ自動的に電源が切れる「オートオフ機能」も備えていますが、一回の充電でかなりの回数使えるくらいのバッテリー容量があるため、正直OFFにするのを忘れてても全く気になりません。

電池式だとエコじゃないですし、交換するのも手間ですから、やはり何でも充電式が良いですね。

コーヒー好きの必需品。

スケールとタイマーはドリップの必需品だと思います。なのでコーヒーを始めたときや本格的に楽しもうと思ったとき、ドリッパーの次に購入して欲しいのがスケールなんです。

1杯のコーヒーに使う豆は10g前後なので、1g違うと10%違います。これで味に影響がないはずがありませんよね。

美味しいコーヒーを追い求める方や、毎回安定した味を楽しみたい方は、ぜひタイマー付きのスケールを検討してみてくださいね。

以上、この記事がどなたかの参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました